沖縄で飲まれているお茶で便秘も解消してくれるお茶ってある?

ストレスによる生活リズムの乱れなどで便秘になりがちの人は意外と多くいます。ヨーグルトなどが腸内環境を整えるのに効くという話はよく聞きますが手頃に毎日摂取したい人には飲みものがおすすめです。沖縄でよく飲まれているお茶にはお通じに効く効果がありますので試してみてはいかがでしょうか。

沖縄でよく飲まれている便秘解消に効く便秘お茶には「モリンガ」があります。モリンガは沖縄で栽培されている樹木で、別名でミラクルツリーと呼ばれているほど栄養素が豊富です。精神安定作用や肥満防止作用があるギャバという成分も多く含んでおり、パウダー状にしたお茶はその成分を余すことなく摂取でき、手ごろに飲むことが出来るので特におすすめとなっています。

沖縄で栽培されているモリンガのお茶は、食物繊維やタンパク質・ポリフェノールが含まれていて特に食物繊維は小松菜の6倍以上の容量が含まれているので便秘解消にも効果的です。オナラ臭・便臭の解消にも効果がありますのでお腹の調子が悪い方には心強い味方となってくれます。

モリンガの食物繊維は悪玉コレステロール改善し便を軟らかくする水溶性食物繊維と、便のかさを増し腸内環境を整える不溶性食物繊維が両方含まれているので腸内環境を整えるのにはもってこいです。酵素や乳酸菌の効果がなかった方にもおすすめで、美容成分や美肌成分も同時に補うことができるので、お腹の調子を整えるだけではなく美肌効果も期待できます。沖縄でよく飲まれているモリンガのお茶でお腹の調子を整えてみてはいかがでしょうか。